【17の目標】地方公務員のためにSDGsをわかりやすく詳しく解説

【17の目標】地方公務員のためにSDGsをわかりやすく詳しく解説

SDGs(えすでぃーじーず)って言葉が流行っているけど、なんのことなの?

SDGsはSustainable Developnent Goalsの頭文字を取った略語で、日本語訳すると、持続可能な開発目標って意味になるんだよ。

そうなんだ、誰が決めた誰の目標なの?

2015年9月の国連サミットにおいて、全会一致で採択されたんだ。だから世界みんなの目標なんだよ。

そうなんだ。でも、国の偉い人が何かやってくれるんでしょ?

もちろん国が中心となって色んなことをやるよ。でも、国民一人一人が同じ目標に向かって歩むことが大切なんだ。特に、地方公務員の君にはできることがたくさんあると思うから、真剣に取り組まないとね!

わかった!真剣に考えたいから、詳しく教えて!わかりやすくね!

OK!世界の未来のために一緒に頑張ろうね!

SDGsは2030年まで持続可能な開発目標

SDGsは2015年の国連サミットで採択された国際目標です。国連加盟国193か国が全会一致で採択したことによって、世界共通の目標となりました。

SDGsには、2030年を年限とした17の目標(ゴール)が設定されており、その下に目標を具体的にした169のターゲットと、232の指標を置くことで構成されています。

SDGsの意義は、世界全体の経済、社会、環境を不可分のものとして調和させることによって、誰一人取り残すことなく貧困や格差問題を解決することです。

そのためには、先進国と途上国が共に取り組む必要があり、世界の国々と協力しながらSDGs達成に向けた取り組みを強化する必要があります。

これはもちろん、国と国との協力だけでなく、国内においても、国と民間が力を合わせる必要があり、延いては国民一人一人が努力する必要があるものなのです。

SDGsの17の目標(ゴール)

SDGsの17の目標(ゴール)は次のとおりです。

※ ロゴは国連広報センターが作成したものであり、当サイトでは、ロゴ使用のためのガイドラインに沿って使用しています。

ロゴ使用のためのガイドライン(PDF)

1.貧困

1.貧困

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

この目標は、2030年までに、世界中で極度の貧困にある人をなくすこと、様々な次元で貧困ラインを下回っている人の割合を半減させることなどを目指しています。貧困とは、単に収入や資産がないことだけではなく、飢餓・栄養不良、教育や基本的サービスへのアクセス不足、社会的な差別や排除、意思決定からの除外なども含むものです。また、弱い立場にある人たちが、気象変動や災害などの影響をより強くうけることも防ぐ必要があります。

2.飢餓

2.飢餓

飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する

この目標は2030年までに、飢餓とあらゆる栄養不良に終止符を打ち、持続可能な食料生産を達成することを目指しています。また、誰もが栄養のある食料を十分得られるようにするためには、環境と調和した持続可能な農業を推進し、生産者の所得を確保し、農業生産性を高めるための研究・投資を行う必要があります。

3.保健

3.保健

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

この目標は、母子保健を増進し、主要な感染症の流行に終止符を打ち、非感染性疾患と環境要因による疾患を減らすことを含めて、あらゆる年齢のすべての人々の健康と福祉を確保することを目指しています。

4.教育

4.教育

すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

この目標は、2030年までにすべての子供が平等に質の高い教育を受けられるようにすること、高等教育にアクセスできることを目指しています。また、働きがいのある人間らしい仕事や企業に必要な技能を備えた若者・成人の割合を大幅に増加させることもねらっています。

5.ジェンダー

5.ジェンダー

ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う

この目標は、女性が潜在能力を十分に発揮して活躍できるようにするため、教育や訓練の充実はもとより、有害な慣行を含め、女性と女児に対するあらゆる形態の差別と暴力をなくすことを目指しています。経済分野においても、あらゆるレベルの意思決定において女性の平等な参画とリーダーシップの機会の確保が求められています。

6.水・衛生

6.水・衛生

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

この目標は飲料水、衛生施設、衛生状態を確保するだけではなく、水源の質と持続可能性をめざすものです。

7.エネルギー

7.エネルギー

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

この目標は、国際協力の強化や、クリーンエネルギーに関するインフラと技術の拡大などを通じ、エネルギーへのアクセス拡大と、再生可能エネルギーの使用増大を推進しようとするものです。

8.経済成長と雇用

8.経済成長と雇用

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用 (ディーセント・ワーク)を促進する

継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長は、グローバルな繁栄の前提条件です。この目標は、すべての人々に生産的な完全雇用とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の機会を提供しつつ、強制労働や人身取引、児童労働を根絶することをねらいとしています。

9.インフラ、産業化、 イノベーション

9.インフラ、産業化、 イノベーション

強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

この目標は、国際的、国内的な金融、技術支援、研究とイノベーション、情報通信技術へのアクセス拡大を通じて安定した産業化を図ることを目指しています。

10.不平等

10.不平等

各国内及び各国間の不平等を是正する

この目標は、国内および国家間の所得の不平等だけでなく、性別、年齢、障害、人種、階級、民族、宗教、機会に基づく不平等の是正も求めています。また、安全で秩序ある正規の移住の確保を目指すとともに、グローバルな政策決定と開発援助における開発途上国の発言力に関連する問題にも取り組むものとなっています。

11.持続可能な都市

11.持続可能な都市

包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

この目標は、コミュニティの絆と個人の安全を強化しつつ、イノベーションや雇用を刺激する形で、都市その他の人間居住地の再生と計画を図ることを目指したものです。

12.持続可能な消費と生産

12.持続可能な消費と生産

持続可能な生産消費形態を確保する

この目標は、環境に害を及ぼす物質の管理に関する具体的な政策や国際協定などの措置を通じ、持続可能な消費と生産のパターンを推進することを目指しています。

13.気候変動

13.気候変動

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

 気候変動は開発にとって最大の脅威であり、その広範な未曽有の影響は、最貧層と最も脆弱な立場にある人々に不当に重くのしかかっています。気候変動とその影響に対処するだけでなく、気候関連の危険や自然災害に対応できるレジリエンスを構築するためにも、緊急の対策が必要です。

14.海洋資源

14.海洋資源

持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

この目標は、海洋・沿岸生態系の保全と持続可能な利用を推進し、海洋汚染を予防するとともに、海洋資源の持続可能な利用によって小島嶼開発途上国(太平洋・西インド諸島・インド洋などにある、領土が狭く、低地の島国)とLDCs(後発開発途上国)の経済的利益を増大させようとするものです。

15.陸上資源

15.陸上資源

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

この目標は、持続可能な形で森林を管理し、劣化した土地を回復し、砂漠化対策を成功させ、自然の生息地の劣化を食い止め、生物多様性の損失に終止符を打つことに注力するものです。これらの取組をすべて組み合わせれば、森林その他の生態系に直接依存する人々の生計を守り、生物多様性を豊かにし、これら天然資源の恩恵を将来の世代に与えることに役立つと考えられます。

16.平和

16.平和

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

この目標は人権の尊重、法の支配、あらゆるレベルでのグッド・ガバナンス(良い統治)、および、透明かつ効果的で責任ある制度に基づく平和で包括的な社会を目指すものです。

17.実施手段

17.実施手段

持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバ ル・パートナーシップを活性化する

持続可能な開発アジェンダを成功へと導くためには、政府、民間セクター、市民社会の間のパートナーシップが必要です。人間と地球を中心に据えた原則や価値観、共有されているビジョンと目標に根差すこのような包摂的パートナーシップは、グローバル、地域、国内、地方の各レベルで必要とされています。

次のページでは、SDGsの169のターゲットを一覧形式で紹介

【メニュー説明】

<解説>

①地方公務員の給料・手当・年収

②地方公務員の退職金

③地方公務員の出世に関すること

④会計年度任用職員制度に関すること

⑤地方公務員法に関すること

⑥働き方改革に関すること

<例規関係>

①法律

②規則

<リンク集>

①府省庁

②都道府県

③市町村

④独立行政法人

<お問合せフォーム>

何か問合せがあれば御利用ください。

 

解説
beacrowをフォローする
地方公務員.com
タイトルとURLをコピーしました