【広報担当者向け】全国1724市町村のホームページを全て見ました

ホームページ制作を担当している広報担当の皆さんは、良質な自治体ホームページとはどのようなものだとお考えでしょうか?

私は、『調べやすさ・見やすさ>地域の特色>綺麗さ』だと思っています。

なぜかというと、自治体ホームページを1番見るのは『地域住民』だからです。

しかし、調べやすい・見やすいホームページが必要なのはわかっていても、1から考えるのは非常に大変ですよね。

そう思いまして、私が代表して1724市町村のHPを全て確認しました。(所要時間は10時間ほどです)

その中から、各都道府県につき1つの自治体をご紹介いたします。(NO.1決定戦)

私の私見とはなってしまいますが、全1724市町村のHPを確認した人はほとんどいないと思いますので、参考にしていただければと思います。

HPのチェックポイント
  • ファビコン設定をしているかどうか
  • 1ページの情報量が多すぎないか
  • 1ページの情報量が少なすぎないか
  • サイトが重すぎないか
  • 字が小さすぎないか
  • 字の色が適正か
  • 字体が読みやすいか
  • タブレットやスマホに対応しているか
  • サイト内検索機能がついているか
  • 記事に辿り着くまでの階層が深すぎないか
  • 動きが多すぎないか
  • 違和感のあるバナーが多くないか
  • アイコンが小さすぎないか
  • LPがあるなら、適正か
  • 記事がスカスカでないか

各都道府県のNO.1を決定するに当たっては、上記を判断基準にして公平に決定しました。

また、全てのページを見ていると時間がいくらあっても足りないため、『初めてHPを見に来た人が子育て情報を確認する』という場面を想定して確認しました。

なお、HPのデザインは、ここに挙げた各自治体を参考にすれば良いと思いますが、作成には技術が必要なため、業者に委託してしまった方が良いかもしれません。

初期費用0円から始められるサブスクリプション型ホームページ制作

では、ここから各都道府県のNO.1市町村を紹介していきます。

各都道府県でNO.1の市町村

いかがでしたか?参考になることがたくさんありますよね。

ウェブから情報を得る世代がどんどん増えている昨今では、民間企業だけでなく、自治体においてもHPが重要さを増しています。

自治体のホームページは、使いやすく変更することによって、数千人・数万人の満足度が一気に上がるものです。この記事との出会いを機に、あなたのまちのホームページが充実すれば幸いです。



【メニュー説明】

<解説>

①地方公務員の給料・手当・年収

②地方公務員の退職金

③地方公務員の出世に関すること

④会計年度任用職員制度に関すること

⑤地方公務員法に関すること

⑥働き方改革に関すること

<例規関係>

①法律

②規則

<リンク集>

①府省庁

②都道府県

③市町村

④独立行政法人

<お問合せフォーム>

何か問合せがあれば御利用ください。

 

コラム
beacrowをフォローする
地方公務員.com
タイトルとURLをコピーしました