会計年度任用職員

解説

【会計年度任用職員】事務補助職員の約7割が時給1,000円以下(総務省調査)

地方公務員法及び地方自治法の一部改正により、令和2年4月1日から施行された会計年度任用職員制度について、総務省において行われた状況調査の結果が令和2年12月21日付けで公表されました。 この調査結果を見る限り、非常勤職員が会...
解説

【解説】会計年度任用職員は任期更新されないと思って行動するべきである

令和2年度から会計年度任用職員制度が始まり、もうすぐ施行後初めての年度末が訪れます。 各地方公共団体においては、現在次年度の予算案を作成しているところであり、会計年度任用職員の次年度の任用についても、順次事務を進めているとこ...
2021.02.16
コラム

郵便局職員の格差訴訟から会計年度任用職員の待遇改善を考える

令和2年10月15日(木)郵便局正規職員と非常勤職員の格差訴訟において、違法の判決がなされました。 今回違法とされた格差は、『扶養手当、年末年始勤務手当、休日手当、病気休暇(有給)、盆・年末年始休暇(有給)』の5つです。 ...
2020.12.12
コラム

会計年度任用職員の待遇は厳しいものになるかもしれない

地方公務員法や地方自治法の改正に伴い、会計年度任用職員制度が平成32年(2020年)4月1日から施行となりますが、この会計年度任用職員の待遇は想像していたよりも厳しいものになるかもしれない。 (adsbygoogl...
2020.12.12
解説

会計年度任用職員の服務について(解説)

会計年度任用職員制度の給与、勤務時間、休暇については、「臨時職員・嘱託員はどうなる?」の中で解説しましたが、このページでは会計年度任用職員が一般職であるために適用される服務について解説します。 (adsbygoogle =...
2020.12.12
コラム

臨時職員・嘱託員はどうなるの?

臨時職員や嘱託員として勤務している方が、会計年度任用職員制度の施行に伴い、平成32年度からどのような待遇となるのかを解説しています。なるべくわかりやすい言葉で解説していますので、ぜひ参考にしてください。
2020.12.12
解説

地方公務員法及び地方自治法の改正について(解説)

新地方公務員法及び新地方自治法 会計年度任用職員制度は、地方公務員法や地方自治法の改正により、平成32年4月1日から施行される制度です。 改正内容は次のとおりです。 〇 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律 これを現行の法律に...
2020.11.11
タイトルとURLをコピーしました