コラム

消防士と警察官どっちが稼げる?(高卒で地方公務員!)

進路は決まりましたか?

僕は高校を卒業したら公務員になりたいです!

公務員って色々あるよね、何を目指しているの?

消防士か警察官かで迷っているんですよね

正義感の強い君には向いているね!どっちにするの?

う〜〜ん、給料の高い方が良いんですよね

現実的だね!!じゃあ、どっちが給料高いのか確認してみようか!

消防士と警察官はどんな職業?

消防士と警察官はどんな職業?

消防士と警察官は、どちらも地方公務員です。

それぞれの特徴について簡単に説明していきます。

消防士

  • 行政主体:市町村(原則)
  • 任命権者:消防長
  • 配属先:消防本部・消防署・出張所・救急センター
  • 業務内容:消火活動・救急活動・救助活動・予防活動

消防士は、市町村役場・水道局・公立病院などで働く職員と同じ、市町村職員です。

筆記・集団討論・面接・体力試験などに合格した後、消防士のトップである消防長から任命されることで、消防士になれます。

配属先は、消防本部で管理部門を担当するか、消防署・出張所・救急センターで実動するかに分かれますが、初めは出張所に配属されることが多いでしょう。

業務は、大きく分けると消火活動・救急活動・救助活動・予防活動の4つに集約され、消火活動以外にも広く住民の生活を支えています。

警察官

  • 行政主体:都道府県(原則)
  • 任命権者:警察本部長
  • 配属先:警察本部・警察署・交番
  • 業務内容:刑事・交通・警備・生活安全・地域・管理

警察官は、都道府県庁・ハローワーク・保健所などで働く職員と同じ、都道府県職員です。

筆記・集団討論・面接・体力試験などに合格した後、警察官のトップである警察本部長から任命されることで、警察官になれます。

配属先は、警察本部・警察署で管理部門を担当するか、警察署・交番で実動するかに分かれますが、初めは交番に配属されることがほとんどでしょう。

業務は、刑事・交通・警備・生活安全・地域・管理など様々なものがあり、転勤とともに業務内容も変わることが多いです。ありとあらゆるところで住民の生活を守っています。

消防士と警察官の初任給

消防士と警察官の初任給

初任給は、職種と学歴・資格・年齢・経験・修学によって決定される最初の給料です。

地方公務員は、年功序列・終身雇用が想定された給料体系のため、初任給は安く設定されていますが、50代まで基本的に給料月額は増え続けます。

また、若年層ほど昇給時の増加幅は大きく、年を増す事に緩やかになり、やがて停止します。(55歳前後)

消防士と警察官では、職種が異なりますが、初任給には大きな差があります。昇給(1回目・2回目)後は更に差が大きくなるため、参考にご覧ください。

消防士


行政職給料表1級13号俸162,300円(初任給)
      1級16号俸167,000円(1回目昇給:+4,700円)
      1級20号俸172,800円(2回目昇給:+5,800円)

警察官


公安職給料表1級1号俸172,000円(初任給)
      1級4号俸177,300円(1回目昇給:+5,300円)
      1級8号俸184,600円(2回目昇給:+7,300円)

毎月1万円違うと、期末勤勉手当にも影響するため、1年間で16万円以上の差が出ることになります。

また、時間外勤務手当の単価も、給料月額をベースにしているため、働けば働くほど年収の差が大きくなります。

消防士と警察官の手当

消防士と警察官の手当

消防士と警察官とでは、基本的な手当に違いはありませんが、実績手当(時間外勤務手当・夜間勤務手当・宿日直手当・特殊勤務手当)の支給に大きな違いがあります。

実績手当は、基本的に警察官の方が多く支給されており、多ければ年収ベースで100万円以上の差があります。

消防士

消防士は、消火活動・救急活動・救助活動などの際には、出動1回につき200〜500円ほどの特殊勤務手当が支給されます。

例えば消火活動であれば、通常の隊員は200円、運転手は500円などの支給区分があり、救急活動であれば通常の隊員が200円で救急救命士が300円などの支給区分があります。

また、活動が勤務時間外に及んだ場合は、併せて時間外勤務手当が支給されるため、手当額が大きく跳ね上がります。

交代制だと数日に1回は夜間に勤務(22:00〜翌5:00)するため、夜間勤務手当(1時間につき時給単価の25%)が支給されます。

これらの実績手当については、地域や部署によって大きく差があり、ほとんど実動の無い地域や部署もあれば、頻繁に出動している地域や部署もあります。

稼ぎたいなら、大都市の消防士を目指すと良いでしょう。

警察官

警察官は、刑事・鑑識・看守・交通操作・パトカー等運転・取締・山岳救助・爆発物処理・航空・災害応急・銃器犯罪捜査などの際には、特殊勤務手当が支給されます。

例えば交通課の警察官が1日の勤務において、パトカーを運転して取締をし、交通事故の整理に当たった場合は、1000円程度の特殊勤務手当が支給されます。

また、警察官は月5回程度の日直・宿直業務を行っており、月額にすると30,000円程度支給されます。

交代制だと数日に1回は夜間に勤務(22:00〜翌5:00)するため、夜間勤務手当(1時間につき時給単価の25%)が支給されます。

なお、この他にも報告書作成などの事務作業が多忙であり、時間外勤務手当も多く支給されることから、月10万円以上の実績手当が支給される警察官も珍しくありません。

消防士と警察官の生涯収入

消防士と警察官の生涯収入

前記のとおり、消防士と警察官は、初任給と実績手当に大きな差があることがわかりましたが、出世による昇給にも大きな差があります。

やはり、警察官の方が出世による給料への跳ね返りは大きく、能力や実績に応じて稼ぐことが可能となります。

高卒でも警部(課長)クラスになるチャンスはありますので、後は努力次第です。

生涯収入(参考)
  • 高卒消防士:2億6千万円程度
  • 高卒警察官:3億円程度


収入が高いのは警察官!

収入が高いのは警察官!

ここまで消防士と警察官の収入について比較してきましたが、より多く稼げるのは警察官です。

まとめ
  • 警察官の方が初任給が高い
  • 警察官の方が実績手当が稼げる
  • 警察官の方が出世の恩恵が大きい


消防士も警察官も、住民の生活や命を守る素晴らしい職業ですが、今回は収入にスポットを当てて見てきました。

これから消防士や警察官を目指す方の参考になればと思います。

【解説】地方公務員の給与・年収(給与=給料+手当)
地方公務員の給料体系や手当の具体的な内容について解説しており、参考の年収も紹介しています。地方公務員の方や地方公務員を目指している方は、ぜひ参考にしていただければと思います。
『公務員試験』対策なら法律資格・公務員試験専門の受験指導校・伊藤塾!
【面接対策】地方公務員に受かる志望動機は具体性が高いビジョン(完全勝利)
絶対に地方公務員になりたくて、志望動機を考えている皆さん、この記事が目に止まって本当に良かった。誰にも負けない志望動機の書き方を無料でお教えします。この記事を書くに当たって、たくさんの志望動機に関する記事を読みましたが、6...
転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】
【地方公務員になろう!】休暇制度が充実している(有休・病休・特別休暇)
皆さんは就職するときに、どのようなポイントに重点を置いていますか?給料、社会的地位、社会貢献、面白さ、安定性、勤務地、勤務時間など、職業や会社によって異なる魅力を有していると思いますが、私は休暇制度の充実している職業に就く...
タイトルとURLをコピーしました