解説

【解説】地方公務員の地域手当とは?わかりやすく解説(民間比較・物価考慮)

【解説】地方公務員の地域手当とは?わかりやすく解説(民間比較・物価考慮)

地方公務員に支給される手当の1つに、地域手当というものがありますが、皆さんご存知でしょうか?

地域手当は、支給される地域と支給されない地域があるため、全く縁のない方も少なくありません。

私個人としては、地域手当は無くす若しくは減らすべきだと考えています。

地域手当がどんなもので、どれくらい支給されているのかを具体的に解説していきますので、皆さんも地域手当についてぜひ考えてみてください。

また、これから地方公務員になろうとしている方は、地域手当の支給率が高い自治体を目指すと非常にお得です。

では、順を追って解説していきます。

関連記事:【解説】地方公務員の給与・年収(給与=給料+手当)

地域手当とは?どんな手当?

地域手当とは?

地域手当とは、勤務している地域によって支給される手当のことです。

民間企業の賃金が高い地域や、物価が高い地域ほど地域手当が多く支給されます。

地方公務員の給料月額は、組織の規模によって違いはあるものの、民間比較や物価に応じた金額が支給されているわけではありません。

これを補填するために、地域手当が支給されているというわけです。

なお、地域手当は、次のような計算式で算定されます。

(給料+管理職手当+扶養手当)×支給率

地域手当は最大20%

地域手当は最大20%

地域手当は、都道府県の約7割、市町村の約2割で支給されています。

中でも、東京都特別区で勤務している職員が1番高く、支給率は20%と非常に高額です。

東京都特別区には政策拠点として、全国の市町村の東京事務所(支店のようなイメージ)が設置されていることが多く、各市町村の職員が数名配属されています。

都道府県の7割、市町村の2割の中には、そういった職員への支給も含まれているため、実際の地域としては、もっと限られてくるはずです。

つまり、限られた地域の地方公務員だけが、地域手当によって高所得を得ていることとなります。

人口数上位30市の地域手当

地域手当の大小は、民間企業との比較や物価の高さが要因となりますが、人口の多い地域には大企業が集まり、地価も上昇するため物価が高くなりがちです。

このため、人口数上位の市では地域手当が高額になりやすいと考え、上位30市を調査してみました。

順位都道府県支給率(%)人口
1神奈川県横浜市163,724,844
2大阪府大阪市162,691,185
3愛知県名古屋市152,295,638
4北海道札幌市31,952,356
5福岡県福岡市101,538,681
6兵庫県神戸市121,537,272
7神奈川県川崎市161,475,213
8京都府京都市101,475,183
9埼玉県さいたま市151,263,979
10広島県広島市101,194,034
11宮城県仙台市61,082,159
12千葉県千葉市15971,882
13福岡県北九州市3961,286
14大阪府堺市10839,310
15新潟県新潟市3810,157
16静岡県浜松市3797,980
17熊本県熊本市0740,822
18神奈川県相模原市12720,780
19岡山県岡山市3719,474
20静岡県静岡市6704,989
21千葉県船橋市12622,890
22鹿児島県鹿児島市0599,814
23埼玉県川口市9578,112
24東京都八王子市15577,513
25兵庫県姫路市3535,664
26栃木県宇都宮市6518,594
27愛媛県松山市0514,865
28大阪府東大阪市10502,784
29兵庫県西宮市15487,850
30千葉県松戸市10483,480

札幌市は、人口が200万人近くいるにも関わらず、地域手当がたったの3%です。

どことは言いませんが『こんなに出てるの?』そんな地域もあります。

※ 調査は、各市の例規から読み取りましたので、誤りがあった場合はご容赦ください。

関連:リンク集

不要な敷金・礼金支払ってない?

物件探し絶対的におすすめ!

EC時代にここまでの地域手当は必要?

EC時代にここまでの地域手当は必要?

皆さんは、普段買い物をどのようにしていますか?私は非常に高い頻度でEC(electronic commerce = ネットショッピング)で購入しています。

ECは全国どこでも同額で購入できるため、物価は関係ありませんし、日用品は都会の方が安く購入出来る場合も多いです。

どこのECサイト使用してる?

同時に比較しよう!最安値が見つかる

『家賃が高いから地域手当が必要なんだよ!』そう思う方もいるかもしれません。

『じゃあ、住居手当高くすれば良くない?』私はこう思っています。

給料だけならまだしも、管理職手当や扶養手当にまで地域手当が加算されるのは、一体どういうわけなのでしょうか?

国家公務員や北海道のような広域に職員を配置する都道府県の職員であれば、地域手当が妥当かもしれません。

しかし、例えば横浜市や大阪市が全職員に一律で16%もの手当を支給していますが、これは妥当なのでしょうか?

ECやテレワークが発達した今、地域手当が見直されるべきだと私は感じています。

地方公務員の皆様、どうか御一考いただきますようお願い申し上げます!

2020年発売の最新版購入済み?

古い情報は参考にならない!

タイトルとURLをコピーしました