【出世】地方公務員に英語・英会話力は必要か?(スキルUP!)

【出世】地方公務員に英語・英会話力は必要か(スキルUP!)

皆さん英語・英会話は得意ですか?恐らくほとんどの人がこの問いに「苦手」と答えますよね。だからこそ、地方公務員が最速出世を目指す上で、英語・英会話は効率の良いアピールポイントとなります。

完璧な英語・英会話力を身に着ける必要はありません。あの人は英語が出来るという『イメージ』が作られる程度でも効果はあります。もちろん、政策的会話を英会話で実現できるようになれば、強力な武器となります。

この記事では、地方公務員が英語・英会話を学ぶメリットと、学び方について解説していきますので、御覧ください。

地方公務員が英語・英会話を使うケースは?

地方公務員が英語・英会話を使うケースは?

地方公務員が英語・英会話を使うケースはたくさんあります。実感が湧いていない方のために、その一部を例示しておきます。

・外国からの電話・手紙・Eメールへの対応
・外国人への窓口対応
・外国人のトラブル解決
・HP等による海外への情報発信
・姉妹都市との連携
・重役が海外出張する際の随行
・海外製品の購入・契約

例えば、外国からのEメールへの対応については、英語力が多少あれば翻訳サイトを使用することで返信文案を作成することが出来ます。周りの職員の英語力は皆無ですから、あなたにしかできない業務であると認識し、大きな評価に繋がること間違いありません。

1番多いのが、外国人への窓口対応かと思います。特に行政用語は広く一般的に使われている言葉ではありませんから、外国人にとっても理解するのが難しいですし、職員にとっても説明が難しいものです。このため、自分の身の回りの業務についてだけでも、英会話で話せると、業務の効率性が向上し、外国人客の満足度も上昇します。外国人への対応が多い部署の職員は、特に英会話を学ぶべきであると考えます。

また、政策的会話を英語・英会話で実践できるようになれば、首長の海外出張に随行するチャンスが訪れるかもしれません。首長も慣れていない外国人との対応に苦慮すると思いますので、信頼のおける部下が随行しているという安心感を提供しましょう。そうなったら、出世しないはずがないですよね?

最適な英語・英会話学習方法は独学?スクール?ウェブ?

英語・英会話学習は独学?教室?ウェブ?

残念ながら誰にでも当てはまる最適な方法は無く、人それぞれ合う・合わないが存在します。本を読むのが苦痛な人は参考書を買ってきても意味がないですし、近くに英会話教室がないために遠くの英会話教室に通うのも効率が悪いように思えます。

ただ、方法を考える上で共通する重要な要素は、次の3つです。

・どれくらい時間を費やせるか
・どれくらいお金を費やせるか
・どれくらいのレベルを目指しているか

どれくらい時間を費やせるか

地方公務員の皆さんは、時期や部署によるとはいえ、基本的には忙しい日々を過ごしていると思います。時間外労働が常態化している部署や、自己研鑽が必要な部署、サークル活動や情報交換会(飲み会)に参加している方など、学習に割ける時間は限られていると思います。

短い時間で学習するには、効率的な学習方法が必要不可欠なため、独学を選択するのは難しいでしょう。スクールやウェブで短期集中学習することをおすすめします。

比較的自由に使える時間のある人は、独学しても良いと思います。参考書を買う方法のほか、Youtubeで英会話学習する方法もあります。文字だけよりも映像や音声がある方が情報を吸収しやすいため、おすすめします。

どれくらいお金を費やせるか

地方公務員の給料は、採用されてから退職するまで昇給し続ける構図のため、若年層の給料が非常に低く設定されているため、生活費だけでギリギリな人もたくさんいます。そうなると、無料で学習できるウェブ、アプリ、Youtube等を使用することとなります。

しかし、毎月3万円貯金出来ている人が、本気で英語・英会話学習をするなら有料のスクールや教材を使用した方が断然良いと思います。将来のことを考えたら、お金を貯めるよりもスキルを溜めた方が価値があり、1年早く出世するだけですぐにペイ出来てしまいます。

また、無料で学習するのと比較して、有料の場合は挫折する可能性がグッと下がります。一生懸命働いて稼いだお金を掛けているため、学習に対しても一生懸命になれるわけですね。

どれくらいのレベルを目指しているか

先ほど例に挙げた、海外からのEメールへの対応レベルであれば、文法が理解できているだけでも十分対応可能です。翻訳ツールとウェブを駆使すればなんとかなります。

しかし、政策的会話ができるようなレベルになるのは、独学ではちょっと難しい。時間とお金を費やしてやっとたどり着くレベルでしょう。

自分が目指すレベルによっても、学習方法は変わってくるため、自分の目標を明確に持つことが重要です。

まとめ
  • 英語・英会話力を身に着けるのは効率よいアピールになる
  • 学習方法は自分に合ったものを選ぶべき
  • 有料で学習しても1年早く出世すればペイできる

今後は、地方はグローバル化していくと考えられています。そうなると、益々地方公務員に英語・英会話力が必要となります。一歩先に学習し、自治体を明るい未来へ引っ張っていくために、すぐに学習を開始しましょう。

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!

たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

【一日6分】テキストいらずの聞くだけ学習法

【メニュー説明】

<解説>

①地方公務員の給料・手当・年収

②地方公務員の退職金

③地方公務員の出世に関すること

④会計年度任用職員制度に関すること

⑤地方公務員法に関すること

⑥働き方改革に関すること

<例規関係>

①法律

②規則

<リンク集>

①府省庁

②都道府県

③市町村

④独立行政法人

<お問合せフォーム>

何か問合せがあれば御利用ください。

 

解説
beacrowをフォローする
地方公務員.com
タイトルとURLをコピーしました