地方公務員法

解説

地方公務員法解説⑫(第三章 職員に適用される基準・第八節 福祉及び利益の保護・第一款 厚生福利制度)

〇 第三章 職員に適用される基準 第八節 福祉及び利益の保護 第一款 厚生福利制度 第四十一条(福祉及び利益の保護の根本基準) 【条文】 第四十一条 職員の福祉及び利益の保護は、適切であり、且つ、公正でなければならない。 【解説】 ...
解説

地方公務員法解説⑪(第三章 職員に適用される基準・第七節 研修)

〇 第三章 職員に適用される基準 第七節 研修 第三十九条(研修) 【条文】 第三十九条 職員には、その勤務能率の発揮及び増進のために、研修を受ける機会が与えられなければならない。 2 前項の研修は、任命権者が行うものとする。 ...
解説

地方公務員法解説⑩(第三章 職員に適用される基準・第六節の二 退職管理)

〇 第三章 職員に適用される基準 第六節の二 退職管理 第三十八条の二(再就職者による依頼等の規制) 【条文】 第三十八条の二 職員(臨時的に任用された職員、条件付採用期間中の職員及び非常勤職員(第二十八条の五第一項に規定する短時間勤...
解説

地方公務員法解説⑨(第三章 職員に適用される基準・第六節 服務)

〇 第三章 職員に適用される基準 第六節 服務 第三十条(服務の根本基準) 【条文】 第三十条 すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。 【単語...
解説

地方公務員法解説⑧(第三章 職員に適用される基準・第五節 分限及び懲戒)

〇 第三章 職員に適用される基準 第五節 分限及び懲戒 第二十七条(分限及び懲戒の基準) 【条文】 第二十七条 すべて職員の分限及び懲戒については、公正でなければならない。 2 職員は、この法律で定める事由による場合でなければ、...
解説

地方公務員法解説⑦(第三章 職員に適用される基準・第四節の二 休業)

〇 第三章 職員に適用される基準 第四節の二 休業 第二十六条の四(休業の種類) 【条文】 第二十六条の四 職員の休業は、自己啓発等休業、配偶者同行休業、育児休業及び大学院修学休業とする。 2 育児休業及び大学院修学休業について...
解説

会計年度任用職員の服務について(解説)

会計年度任用職員制度の給与、勤務時間、休暇については、「臨時職員・嘱託員はどうなる?」の中で解説しましたが、このページでは会計年度任用職員が一般職であるために適用される服務について解説します。 一般職と特別職 一般職ってなに?という方も...
解説

地方公務員法解説⑥(第三章 職員に適用される基準・第四節 給与、勤務時間その他の勤務条件)

〇 第三章 職員に適用される基準 第四節 給与、勤務時間その他の勤務条件 第二十四条(給与、勤務時間その他の勤務条件の根本基準) 【条文】 (給与、勤務時間その他の勤務条件の根本基準) 第二十四条 職員の給与は、その職務と責任に...
解説

地方公務員法解説⑤(第三章 職員に適用される基準・第三節 人事評価)

〇 第三章 職員に適用される基準 第三節 人事評価 現行の地方公務員に係る人事評価制度は、平成26年5月14日付けで公布され、平成28年4月1日付けで施行されました。 施行されてから2年以上経過した当該制度ですが、各自治...
解説

地方公務員法解説④(第三章 職員に適用される基準・第二節 任用)

〇 第三章 職員に適用される基準 第二節 任用 第十五条(任用の根本基準) 【条文】 (任用の根本基準) 第十五条 職員の任用は、この法律の定めるところにより、受験成績、人事評価その他の能力の実証に基づいて行わなければならない。...
解説

地方公務員法解説③(第三章 職員に適用される基準・第一節 通則)

〇 第三章 職員に適用される基準 第一節 通則 第十三条(平等取扱の原則) 【条文】 第十三条 すべて国民は、この法律の適用について、平等に取り扱われなければならず、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地によつて、又は第十六条第五号...
解説

地方公務員法解説①(第一章 総則)

〇 第一章 総則 第一条(この法律の目的) 【条文】 (この法律の目的) 第一条 この法律は、地方公共団体の人事機関並びに地方公務員の任用、人事評価、給与、勤務時間その他の勤務条件、休業、分限及び懲戒、服務、退職管理、研修、福祉...
スポンサーリンク